So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「それぞれが責任を」 日航問題で首相がOB年金減額に理解求める(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は12日、日本航空(JAL)の経営再建問題について、「JALがこういう経営状況になったのは、それぞれの皆さんが責任を負わなければいけない話だ」と述べ、退職者の企業年金減額に理解を求めた。

 法的整理に伴い日航株を100%減資しち上で上場廃止する案が浮上していることについては「一般論として株主もそれなりに責任はあると思うが、これも含めて調整段階だ」と述べた。

 首相公邸前で記者団に答えた。

【関連記事】
日航株に売り殺到 上場廃止観測を受け換金売り続出
日航、3年で1万5千人超削減 支援機構の計画判明
日航の年金基金、退職者の減額同意なければ解散も
日航再建 政府、法的整理を全面支援
日航再建 取引先と顧客に不安広がる恐れも

けいじのブログ
バンコク街道
競馬情報
ライブチャット
即日現金化

<出版社>国内21社が電子書籍協会発足へ アマゾンに対抗(毎日新聞)

 講談社や新潮社、集英社など主な国内の出版社21社が、一般社団法人「日本電子書籍出版社協会」(仮称)を2月に結成する。電子書籍市場の拡大、米国の電子書籍大手、アマゾンの読書端末「キンドル」の日本語版発売が想定される中、主要出版社が書籍電子化に団結して対応することなどが狙いだ。

 電子出版については電子書籍の会社が出版社を通さず、個別に著者と交渉することもあった。同協会は、著者や販売サイトとの契約のモデル作りをしたり、電子書籍の端末メーカーと著者、出版各社などの交渉窓口となる。デジタル化に伴う作品2次利用に関する法整備も求めていく。

 講談社や光文社、文芸春秋などは2000年から「電子文庫出版社会」を結成し、自らも書籍電子化を進めてきた。他方、電子書籍端末は、キンドルのほか、ソニーやシャープなども開発を進めている。調査会社インプレスR&Dによると、電子書籍の国内市場は、08年度に約464億円。今後、大幅に拡大する可能性が高い。

 このため、電子文庫出版社会参加の13社にNHK出版やPHP研究所など8社を加え、新たに法人を設立することになった。計21社で、国内の電子書籍市場シェア(コミックを除く)の9割を占めるという。

 講談社広報室の鈴木宣幸部長は「新しい協会を通して、業界の交通整理や著者の権利擁護をしたい」と話している。【鈴木英生】

やすおのブログ
アライコダイ
携帯ホームページ
競馬サイト
パチンコ攻略

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。