So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

首相、訓練区域や防空識別圏返還に全力(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は23日午前、沖縄県庁での仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事と会談し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題で、同飛行場を含む米軍基地の騒音軽減など負担軽減策について「米国の協力を求めながら日本政府として最善を尽くす」と述べた。具体的な軽減策としては(1)平成18年の日米合意に基づく海兵隊員約8千人のグアム移転と嘉手納基地以南の基地全面返還(2)沖縄本島東のホテル・ホテル訓練区域の一部返還(3)与那国島の防空識別圏の解消−などを挙げた。

【関連記事】
鳩山首相「辺野古付近にお願いせざるを得ない」普天間飛行場代替地で
「日米合意、全く理解できない」福島党首 困惑の社民党
日米合意形成を最優先 普天間問題最終決着ほど遠く
普天間問題で日米政府が大筋合意 辺野古沖に新滑走路
普天間迷走も支持率低下もあいつのせいだ

「おむつゼロ特養連絡会」が発足(医療介護CBニュース)
過労死で「日本海庄や」に7800万円賠償命令 休日など対策なし(産経新聞)
板橋資産家殺人事件1年、フェンス越え侵入か(読売新聞)
<東京都>政府に要望 水道事業、海外展開で国の支援を(毎日新聞)
農林統計の講習会「廃止」=「田んぼ生きもの調査」も―仕分け最終日(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。